子守唄は「うれしいひなまつり」が効果的

こんにちは、パセリです。


0歳児のママさん、毎日の寝かしつけお疲れ様です!
赤ちゃんのうちって寝る時間が大半ですよね。

眠くて泣くことがよくあります。
我が家では寝てもらうのに抱っこトントンをしながら
家の中をウロウロ、そして時に子守唄を歌ったりしてます。


子守唄といっても色々あるんですが、
「ゆりかご」「きらきらぼし」「しゃぼん玉」などなど・・・
その中でも我が家では
「うれしいひなまつり」が一番効果的なんです。


ひなまつりに歌われる
「あかりをつけましょぼんぼりに~」
ってやつですね。


あ、私最初ですね題名「ひなまつり」だと思ってたんですが、
正式な題名は「うれしいひなまつり」なんだそうです!


27歳にして初めて知りました!
ブログに書くことでまた1つ知識が増えましたねww


おっと話が逸れましたね、戻りましょう!




はい。
なぜうれしいひなまつりが効果的なのか。
おそらくでしかないのですが、
妖艶な感じの低音で歌えるからかなと思います。


ただし、注意点があります!
泣いている時にこれを歌っても
赤ちゃんには本人の泣き声しか聞こえていません。


頑張って眠いと訴えていますからね。
そういう場合は「ミッキーマウスマーチ」や「さんぽ」を
先に歌いながら少し動作を大きくしてみて下さい。
少し跳ねる感じでトントンしてみるとか^^


テンポがいいのでこちらの歌を聞いてくれる可能性があります。
そこで「お母さんナニそれ?」とお子さんの気を引けたらチャンスです!


一気に畳みかけましょう!!ww
先程の「ゆりかご」「きらきらぼし」などを
歌います。


あくびが出てくるようになればあとは
最終兵器「うれしいひなまつり」の出番です!!
なるべく妖艶に歌ってみて下さい^^

おそらくお子さんと旦那さんくらいしか
聞いていないので大丈夫です♪


それともう一つ忘れてました!
出来ればですね、ひなまつりを歌うなら
周りが囲まれた場所が効果的です。

あなたの歌が壁に反響されるので余計に響いて効きます。


と、我が家はこんな感じでよく寝かしつけをしています。


最後に違う意味での注意点なんですが、
お子さんが歌えるくらいになってくると、
保育園で突然歌ったりします!


子供って覚えるの早いんですよね。
そして場所なんて気にしません♪
上の子は昼寝の時間になると歌い出し、
みんなの睡眠の邪魔をしていたらしいです( ゚Д゚)スミマセン


しかも我が家は「茶摘み」とかも歌っていたので
(小学校の授業でリコーダーのテストがあったためなぜか覚えていた)

先生方に「お母さん、選曲が渋いですね!」
と言われて少し恥ずかしかったですww


というわけでですね、
(子守唄は選曲も気を付けながら)
お子さんの寝かしつけの一助になれればと思います^^



それでは~(/・ω・)/♪